Go to Contents Go to Navigation

豪雨で6人の死亡確認 各地で浸水や土砂崩れ被害=韓国

記事一覧 2020.08.03 13:42

【ソウル聯合ニュース】朝鮮半島中部地方を中心に激しい雨が降り続き、韓国で多くの死傷者が発生している。住宅や道路の浸水・冠水被害も相次いだ。

土砂崩れとガス爆発で崩壊した住宅=3日、忠州(聯合ニュース)

 韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は3日、今回の集中豪雨によりこれまでに6人が死亡し、8人が行方不明、8人が負傷したと明らかにした。被災者は486世帯の818人、住宅被害は190件が確認されている。

◇土砂崩れや浸水・冠水相次ぐ

 300ミリの激しい雨を記録した中部の忠清北道で、大きな被害が出ている。忠清北道の対策本部によると、1日から2日にかけての集中豪雨により4人が死亡し、8人が行方不明となっている。

 2日午前、堤川市のキャンプ場で土砂の下敷きになった1人が病院に搬送され、その後、死亡が確認された。忠州市では土砂崩れにより2人が亡くなり、陰城郡では増水した川に落ちた1人が遺体で発見された。

 土砂崩れにより2人が負傷し、192世帯・473人が被災した。現在までに、道路81カ所、河川23カ所など公共施設292カ所と、私有施設149カ所が被害を受けたことが分かっている。

 京畿道でも、あちこちで住宅や道路が浸水・冠水した。竜仁市のキャンプ場では利用者123人が川の氾濫で一時孤立し、2時間後に救助された。

 豪雨による京畿道内の被災者は293世帯・339人と集計された。住宅112棟、農地1043ヘクタール、車両2台が浸水・冠水被害を受けた。土砂の流出や崩落による被害も約70件確認されている。

 江原道では、住宅への浸水や河川の氾濫の危険性から、住民らが夜間の避難を余儀なくされた。江原道の対策本部によると、2日午後に鉄原郡の渓谷で水遊びをしていた1人が集中豪雨で増水した水に押し流され、死亡した。

 慶尚北道でも4カ所で道路や橋の流失などの被害が確認されたが、いずれも復旧済み。仁川市や全羅北道、忠清南道でも、豪雨や強風で街路樹が倒れたり、道路が流失したりといった被害が続出した。

◇中央線は運行再開

 韓国鉄道公社(コレール)によると、土砂が流れ込んだため運転を見合わせていた中央線は、3日午前6時から全区間で運行を再開した。一方、忠清道や江原道を走る忠北線や太白線は、一部区間または全区間で運転見合わせが続いている。

土砂崩れの被害を受けた家畜の畜舎=3日、忠州(聯合ニュース)
川のそばで行方不明者を捜索する救助隊(忠清北道消防本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。