Go to Contents Go to Navigation

上半期のEVバッテリー市場 LG化学が1位=韓国3社に勢い

経済 2020.08.03 14:31

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大により、今年上半期の世界の電気自動車(EV)向けバッテリー(電池)市場が前年比2割以上減少する中、韓国の3社がプラス成長を記録したことが3日、分かった。

EV用バッテリー市場でLG化学とサムスンSDI、SKイノベーションのシェアが上昇している(イラスト)=(聯合ニュース)

 エネルギー市場専門の調査会社・SNEリサーチによると、今年1~6月の世界におけるEV用バッテリーのエネルギー総量は42.6ギガワット時(GWh)で、前年同期比23.0%減少した。主要市場である中国、米国市場で新型コロナウイルスの影響による景気停滞が続き、EVの需要が落ち込んだため。

 中国、日本などライバル国のバッテリー企業の多くは市場シェア(使用量ベース)が減少したが、LG化学とサムスンSDI、SKイノベーションの韓国3社は使用量が大幅に増加した。

 LG化学は6月までの累積シェアが24.6%(使用量10.5GWh)で、半期として初めて首位に立った。前年同期比で使用量は82.8%増加し、順位は4位から1位に上昇した。 

 市場シェアでLG化学は4月に1位となった後、3カ月連続で首位を守った。ただ、6月単月の使用量では中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が1位だった。

 サムスンSDIは1~6月のシェアが6.0%(使用量2.6GWh)で、使用量は前年同期比34.9%増加し、順位は5位から4位に上昇した。

 SKイノベーションは同期間のシェアが3.9%(使用量1.7GWh)で前年同期比66.0%増加し、順位も3ランクアップの6位となった。

 6月までのシェアはCATLが23.5%(使用量10.0GWh)、日本のパナソニックが20.4%(同8.7GWh)でそれぞれ2、3位を占めたが、バッテリー使用量は大幅に減少した。

 6月単月でも、韓国3社は2桁以上の急成長を記録した。このように韓国3社が成長傾向を示している理由は、各社のバッテリーを搭載した自動車の販売が増加したためだ。

 SNEリサーチによると、LG化学は主にテスラのモデル3(中国製)、ルノーのゾエ、アウディのe―tron EV(95kWh=キロワット時)などの販売が好調で成長傾向を維持した。

 サムスンSDIはアウディのe―tron EV(71kWh)、BMWの330e、フォルクスワーゲン(VW)のe―Golfなど、SKイノベーションは現代自動車や起亜自動車の車種の販売増加で成長した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。