Go to Contents Go to Navigation

韓中 FTA電子商取引委新設で合意=非対面経済の活性化受け

記事一覧 2020.08.03 15:05

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国は3日、自由貿易協定(FTA)の履行状況を点検するため、3回目となる共同委員会をテレビ会議方式で開いた。共同委員会では非対面経済の活性化を受け、FTA電子商取引委員会を新設することで合意した。韓国産業通商資源部が発表した。

3月17日に開かれた韓中FTAのサービス・投資の後続交渉(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓中FTAは2015年に発効した。2018年の両国の貿易額は15年比で18.2%増加した。

 共同委員会では両国が進めているサービス・投資の後続交渉が高いレベルの自由化を実現させることに期待を寄せた。

 韓国側は知的財産権の保護義務の履行を要請し、中国側は衛生検疫措置に対する関心と協力を求めた。

 韓国産業通商資源部の関係者は「最大の貿易先である中国と定期的にFTA共同委員会を開いて企業が抱える問題を解消し、両国の経済協力を強化する」として、「両国の貿易・投資が互恵的な方向で継続的に拡大するよう努力する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。