Go to Contents Go to Navigation

ネットマーブルのモバイルRPG 日本で優秀賞受賞 

記事一覧 2020.08.03 16:02

【ソウル聯合ニュース】韓国ゲーム開発大手、ネットマーブルは3日、モバイルゲーム「七つの大罪~光と闇の交戦(グランドクロス)~」が日本の社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する授賞式「CEDEC AWARDS」のビジュアルアーツ部門で優秀賞を受賞したと発表した。

ゲームのイメージビジュアル(ネットマーブル提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社は「ビジュアルアーツ部門で唯一モバイルゲームとして受賞した」とし、「モバイル最高レベルのグラフィックと演出により、原作の魅力をスマートフォン環境で完璧に表現した点が高く評価された」と説明した。

 開発者向けカンファレンスの「CEDEC2020」は、9月2日からオンラインで開催される。CEDEC AWARDSの優秀賞受賞作のうち、参加者による投票で最も多く得票した作品が9月3日に発表される各部門の最優秀賞を受賞する。

 「七つの大罪」は、日本の人気アニメーションの知的財産権(IP)を活用したモバイルロールプレイングゲーム(RPG)だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。