Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 「ギャラクシー」新製品で巻き返しなるか=5日発表

経済 2020.08.04 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が5日午後11時(米東部時間同午前10時)から「ギャラクシー」シリーズの新製品発表イベントをオンラインで開催する。同社が上半期のモバイル部門の不振を挽回し、中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)に雪辱を果たすことができるのか注目が集まる。

ソウル市内に出された新製品発表イベントの予告広告=(聯合ニュース)

 業界関係者は4日、サムスン電子が今回のイベントでフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート20」、折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド2」、スマートウオッチ「ギャラクシーウオッチ3」、ワイヤレスイヤホン「ギャラクシーバズライブ」、タブレット端末「ギャラクシータブS7」の新製品5種類を発表すると明らかにした。

 「ノート20」は6.7インチのフラットディスプレーの一般モデル、6.9インチの画面の端が丸く処理された「エッジディスプレー」のウルトラモデルの2種類が発表される。一般モデルの価格は119万9000ウォン(約10万6400円)、ウルトラモデルは145万ウォンに決まった。

 「フォールド2」は畳んだ時は6.2インチ、広げた時は7.7インチとなる。前モデルは畳んだ時4.6インチ、広げた時7.3インチだった。

 同社は上半期に「ギャラクシーS20」の販売不振などでファーウェイに奪われたスマホシェア1位の座をこれらの製品で取り戻す計画だ。

 「S20」シリーズは新型コロナウイルスの影響もあり、前モデルに比べ6~8割程度の販売にとどまった。

 香港の調査会社カウンターポイントリサーチによると、4~6月期の世界のスマホ市場でファーウェイがシェア20.2%を記録し、サムスン(20.0%)を抜いて1位となった。同社は「4~6月期の中国市場がコロナ禍から(世界に)先がけて回復したことでファーウェイが1位になった」とし、「その他の地域が次第に回復傾向を見せており、1位を維持するのは容易ではない」と見通した。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。