Go to Contents Go to Navigation

不備露呈の脱北者保護制度 見直しへ意見聴取=韓国警察

記事一覧 2020.08.04 14:17

【ソウル聯合ニュース】韓国警察庁は4日、北朝鮮脱出住民(脱北者)の身辺保護を担当する全国の警察官と3日からソウルの本庁で懇談会を開いていると発表した。7日までだという。同庁の関係者は、先ごろ脱北者が北朝鮮に戻った事件で脱北者管理の不備が明らかになったため、懇談会で現場の警察官らと脱北者の保護制度の改善策などを話し合うと説明している。

警察庁(資料写真)=(聯合ニュース)

 先ごろ北朝鮮に戻った20代男性の脱北者は、韓国入りしてから5年未満だったため、法に基づき警察の保護対象となっていた。この男性は性的暴行容疑で警察の捜査も受けていたが、男性を担当していた京畿道の金浦警察署は北朝鮮に戻った事実を全く把握していなかった。

 男性は先月18日ごろ、北朝鮮へ越境したと推定されている。この一件は、北朝鮮の朝鮮中央通信が同26日、南西部・開城で新型コロナウイルス感染が疑われる脱北者が韓国から戻る事件が発生したと報じたことで明らかになった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。