Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 7月から臨津江上流ダム放流=韓国に予告なし

政治 2020.08.04 13:48

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は4日、北朝鮮が7月から韓国を流れる臨津江の上流にある黄江ダムの放流を予告なしに行ったと明らかにした。

統一部は、北朝鮮が7月から3回にわたり黄江ダムの放流を予告なしに行ったと明らかにした(コラージュ)=(聯合ニュース)

 放流は前日まで計3回行われ、いずれも韓国側への事前通知はなかった。

 同当局者は「まだ懸念すべき段階ではない」とした上で、関係機関と緊密に協力しながら状況を共有するなど対応を徹底していると説明した。

 韓国では2009年9月、北朝鮮が黄江ダムを無断で放流し、臨津江下流の京畿道・漣川で住民6人が死亡する事故が発生した。翌10月、南北は臨津江の水害防止策を話し合い、ダムの放流時には事前に通知することで合意した。

 今回の放流の事前通知がなかったのは、北朝鮮が今年6月に南北間の軍の通信線を遮断したためとみられる。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。