Go to Contents Go to Navigation

豪雨で死者13人・不明13人に 被災者1000人超=韓国

社会・文化 2020.08.04 14:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の首都圏と中部で1日から降り続く豪雨により、被害が拡大している。政府の中央災難(災害)安全対策本部によると、4日午前10時半までに計13人の死亡が確認され、13人が行方不明となっている。負傷者は7人。

各地で豪雨の被害が相次いでいる(コラージュ)=聯合ニュースTV

 ソウル近郊の京畿道・平沢で3日、工場に土砂が流れ込んで3人が死亡。同道・加平でもペンションが土砂で押しつぶされて3人が死亡した。前日、西部の忠清南道・牙山で急流に流されマンホールに吸い込まれ行方不明になっていた1人の死亡も確認された。

 同日は中部の忠清北道・鎮川で貨物自動車に乗っていた男性が急流に飲み込まれるなど、新たに6人の行方が分からなくなった。

土砂に押しつぶされた京畿道・加平のペンション(京畿道北部消防災難本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 被災者は4日の時点で629世帯の1025人に上る。前日から約100人増えた。地域別には忠清北道が555人、京畿道が391人、江原道が70人など。このうち533世帯の829人は今も帰宅できず、親戚・知人の家や体育館、公共施設などに身を寄せている。

 建物・施設の被害は2958棟に増えた。住宅815棟、畜舎・倉庫522棟、ビニールハウス146棟などで、浸水や土砂流入があった。

 農耕地の被害は5751ヘクタールに及ぶ。冠水が4657ヘクタール、稲の倒伏が868ヘクタール、落果が160ヘクタールなど。

 インフラでは道路・橋728件、鉄道など403件の被害が確認された。また、山崩れが224件発生し、河川の氾濫は101件に上った。

提供された動画から、多大な被害が分かる=(聯合ニュース)

 こうした施設、鉄道、道路、貯水池の一部が応急復旧を終えた一方で、道路の通行止めと鉄道の運転見合わせも続いている。

 ソウル市と京畿道、忠清道で44カ所の道路が通行止めになっている。忠清道や江原道を走る忠北線や中央線、太白線など鉄道6路線は一部またはすべてで運転を中止している。

 このほか、北漢山や太白山、俗離山など10カ所の国立公園で252の散策路への立ち入りが規制されている。

 消防当局の救助活動により救助または避難した人は4日間で1412人となった。消防は建物や道路などの安全措置や給排水支援に取り組んでいる。

道路の多くが冠水した忠清南道・天安市で、消防隊員がボートで住民を救出している=3日、天安(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。