Go to Contents Go to Navigation

韓国政府機関発刊の元慰安婦記録集 日本語版出版へ

記事一覧 2020.08.04 17:03

【ソウル聯合ニュース】韓国政府機関が発刊した旧日本軍慰安婦被害者の最初の口述記録集「聞こえますか? 12人の少女の話」の日本語版が年末に出版される見通しであることが、4日分かった。

「聞こえますか? 12人の少女の話」の韓国語版と英語版の表紙=(聯合ニュース)

 出版業界と行政安全部傘下の日帝強制動員被害者支援財団などによると、「聞こえますか? 12人の少女の話」は2013年に韓国政府機関「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」がまとめた書籍。

 15年に英語版が米国、カナダに配布され、日本語版の翻訳も進められた。

 だが、同年12月31日をもって同支援委員会の活動が終了したことで編集作業は事実上中止された。

 同書の出版に携わる関係者は「今年初め、中断していた発刊作業に再び取りかかった」とし、「日本語版の発刊を機にこの本が広く知られることを願う」と話した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。