Go to Contents Go to Navigation

韓国慰安婦団体・正義連「新組織作る」 12日に詳細発表

記事一覧 2020.08.05 14:56

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が新たな組織作りに向けた改革策を発表した。

正義連の李理事長(資料写真)=(聯合ニュース)

 正義連の李娜栄(イ・ナヨン)理事長は5日、ソウルの日本大使館前で開かれた旧日本軍の慰安婦問題の解決を求める定例の「水曜集会」で、同団体が行ってきた運動の過程で至らなかった部分を省みながら運動初期の精神を継承するための努力を行っているとした上で、「省察とビジョン委員会」を組織し、論議を続けていると説明した。

 同委員会の目的や構成、方向性などについては「第8回世界日本軍『慰安婦』をたたえる日 世界連帯集会記者会見」を兼ねて開かれる12日の水曜集会で発表される予定だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。