Go to Contents Go to Navigation

韓国 北朝鮮への1千万ドル人道支援決定=国際機関通じ

政治 2020.08.06 12:01

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は6日、南北交流協力推進協議会を開き、国連世界食糧計画(WFP)の北朝鮮に対する乳幼児・女性支援事業に1000万ドル(約10億5560万円)を拠出することを議決した。

南北交流協力推進協議会で発言する李仁栄(イ・イニョン)統一部長官=6日、ソウル(聯合ニュース)

 拠出はWFPの要請を受けたもので、当初は6月の議決を推進したが、北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破するなど、南北関係が冷え込んだことを踏まえて見合わせていた。

 統一部は「北で最も支援が必要な階層である乳幼児と女性の人道的な状況の改善に寄与できると判断し、支援することにした」として、「今後、人道的な協力は政治・軍事的な状況と関係なく継続していく」との方針を明らかにした。

 今回の支援はWFPが北朝鮮の7歳未満の乳幼児と女性の生活の質の改善を目標に北朝鮮と合意して推進する事業に韓国政府が一部を拠出する形で行われる。北朝鮮の9道・60郡内の保育園・幼稚園などの乳幼児と妊産婦を対象に栄養強化食品約9000トンを支援する事業と、就労事業に参加する北朝鮮住民2万6500人にトウモロコシ・豆・食用油3600トンを提供する事業などが含まれる。

 韓国政府がWFPを通じて北朝鮮の乳幼児・女性支援を行うのは2014年(700万ドル)、15年(210万ドル)、19年(450万ドル)に続き4回目となる。

 南北交流協力推進協議会は軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)に平和統一文化空間を建設する事業の支援案も議決した。

 同事業は南北出入事務所と撤去された韓国軍監視所(GP)などを活用し、南北の文化交流の場を設けるものだ。22年までの完成を目指し、今年はGPを展示場に改装する事業などに必要な費用28億9200万ウォン(約2億5740万円)を支援する。来年は32億7000万ウォン、22年には137億ウォンがかかる見通しだ。

 統一部は「DMZの平和的な利用を通じ、南北の民族同質性を回復し、接境地域の経済活性化にも寄与すると期待される」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。