Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 大規模爆発のレバノンへ支援検討

記事一覧 2020.08.06 18:55

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は6日の定例会見で、レバノンの首都ベイルートで起きた大規模爆発に関連し、「支援する方策を積極的に検討中」とし、「綿密な状況把握を行っている」と話した。

5日(現地時間)に撮影された爆発現場の様子=(AFP=聯合ニュース)

 これと関連して外交部関係者は「いろいろな支援案が検討されている」とし、「ひとまずレバノン政府が至急要求する事項を把握した後、ある程度輪郭が出てくれば具体的な案が決まるだろう」と話した。

 韓国政府は医療物資の提供を最優先に検討しているが、国際機関を通じた間接支援も選択肢に入れているという。

 こうした中、在レバノン韓国大使館は5日(現地時間)、ホームページに「レバノン国民に送る韓国人の連帯メッセージ」と題した文を英語とアラビア語で公開。犠牲者に哀悼の意を表すとともに、被害を受けた悲しみを共有するなどと伝えた。

 4日(現地時間)にベイルートで発生した2回の爆発について、レバノン公衆衛生相は5日時点での死者が135人、負傷者が5000人以上となっており、30万人の被災者が発生したと発表した。

 今回の爆発により韓国人の死者は確認されておらず、現地で暮らす在外国民2人の住宅が一部破損したことが分かった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。