Go to Contents Go to Navigation

大韓航空 コロナ禍で黒字転換=貨物けん引

経済 2020.08.06 21:27

【ソウル聯合ニュース】韓国航空最大手の大韓航空が6日発表した4~6月期決算によると、営業利益は1485億ウォン(約130億円)で、前年同期(1015億ウォンの赤字)から黒字転換した。新型コロナウイルスの影響で乗客が急減し、各国の航空会社が減便を強いられる中、貨物部門が業績をけん引した。

大韓航空の貨物機(資料写真)=(聯合ニュース)

 4~6月期の売上高は1兆6909億ウォンで前年同期比44%減少したが、貨物部門の売上高は倍増の1兆2259億ウォンを記録した。当期純利益も1624億ウォンで黒字転換した。

 臨時貨物便や防疫物資の輸送などで収益性を高めたほか、旅客機を貨物機として活用して貨物便の供給を増やした。また、人件費などの営業コストを前年の半分程度まで引き下げた。

 一方、旅客輸送実績は前年同期比92.2%減少した。

 大韓航空によると、これまでに4~6月期の業績を発表した世界の主要航空会社のうち、黒字を計上したのは同社が唯一という。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。