Go to Contents Go to Navigation

韓国NAVER子会社 ウェブトゥーン取引額が急増

記事一覧 2020.08.07 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国のインターネットサービス大手NAVER(ネイバー)子会社のネイバーウェブトゥーンは7日、有料コンテンツの1日当たりの取引額がこのほど30億ウォン(約2億7000万円)を超えたと発表した。デジタルコミック業界初だという。

ネイバーウェブトゥーンのロゴ(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社によると、サービスを月1回以上利用したユーザー数を示すMAUは7月に6500万人を超えた。

 また、4~6月期の世界取引額は前年同期比57%増加した。中でも米国で1カ月当たりの有料サービスの利用者数と利用者1人当たりの利用額が急増した。

 ネイバーウェブトゥーンは、国をまたいだコンテンツ流通が増えたと分析した。同社は各国の作品を翻訳して積極的に他の国に流通させている。

 同社は2020年の年間コンテンツ取引目標を8000億ウォンと設定した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。