Go to Contents Go to Navigation

金委員長が水害現場でレクサス運転? 「駆けつける指導者」演出か

北朝鮮 2020.08.07 19:07

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が南部・黄海北道の水害現場を視察する際に、自ら車両を運転したもようだ。

南部・黄海北道で運転席から降りる金委員長とそれを迎える住民(朝鮮中央テレビより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮中央テレビは7日、金委員長が水害現場を視察する様子を収めた写真を公開した。写真で金委員長は泥で汚れた黒のスポーツタイプ多目的車(SUV)の運転席に座っている。

 レクサス「LX570」とみられるこの車両は2018年9月に平壌で行われた南北首脳会談などでも目撃されている。

 北朝鮮メディアは15年に金委員長が軽飛行機を操縦する姿を公開したことがあるが、車両のハンドルを握った姿を報道したのは今回が初めて。

 平壌から約150キロ程度離れた現場まで自ら運転したのではないにしても、現場では自らハンドルを握った可能性がある。

 災害現場に駆けつけて被災者を励まし、心を砕く指導者のイメージを強調する狙いがあるとみられる。

 金委員長は普段、専用のメルセデス・ベンツで移動するが、これを運転する姿は公開されていない。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。