Go to Contents Go to Navigation

現代自 EVブランド「アイオニック」から4年で3車種発売へ

記事一覧 2020.08.10 13:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が、来年以降に発売する専用プラットホーム(車台)を採用した電気自動車(EV)のブランド名を「アイオニック」とすることを決定した。

EV専用ブランド「アイオニック」のロゴ(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社は10日、エコカーブランド「アイオニック」をEV専用ブランドに転換し、2024年までに3車種を発売すると発表した。

 来年前半の発売を予定する最初の車は準中型のクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)で、これは同社が次世代のEV専用プラットホーム「E―GMP」を採用した初の市販車となる。22年には中型セダン、24年には大型SUVを予定している。それぞれ「アイオニック5」「アイオニック6」「アイオニック7」と命名する。

 同社は、25年までにEV56万台を販売する目標を立てている。アイオニックブランドを、急成長する世界のEV市場で主導権を握る足掛かりとする考えだ。

左から「アイオニック6」「アイオニック7」「アイオニック5」のイメージ(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。