Go to Contents Go to Navigation

文大統領 「不動産市場監督機構」の設置検討を表明

記事一覧 2020.08.10 17:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日の首席秘書官・補佐官会議で、住宅問題が当面は最大の課題だと指摘した上で、政府の不動産対策の実効性を高めるため「不動産市場監督機構」の設置を検討すると述べた。

首席秘書官・補佐官会議を主宰する文大統領=10日、ソウル(聯合ニュース)

 住宅価格高騰問題が任期後半の最大の不安要素として浮上する中、不動産市場の安定に向けて政策力を集中させる意向を強調したものとみられる。

 文大統領は、最近政府が発表した政策の効果が徐々に表れているとした上で、「過熱現象を見せていた住宅市場が安定し、住宅価格の上昇傾向が落ち着く様相を見せ始めた。今後、対策の効果が本格化すれば、こうした傾向はさらに加速すると期待している」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。