Go to Contents Go to Navigation

[韓流]新人グループ「トレジャー」が抱負 「自分たちのカラー見つける」

記事一覧 2020.08.10 19:41

【ソウル聯合ニュース】「自分たちのカラーをこれから塗り重ねていかなければなりません。僕たちが描いていく色が自分でも気になるし、楽しみです」(共同リーダー、チェ・ヒョンソク)――。

TREASURE(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国の大手芸能事務所、YGエンターテインメントからデビューした新人男性グループ、TREASURE(トレジャー)が10日、メディアとのインタビューで今後の抱負を語った。

 7日にデビューシングル「THE FIRST STEP: CHAPTER ONE」をリリースしたTREASUREのメンバーは、「デビュー当日、ライブが終わった後に何人かは目頭を熱くしていた」と振り返った。

 TREASUREはオーディション番組「YG宝石箱」で選ばれた12人で構成されたグループ。メーンボーカルのバン・イェダムは、2013年にオーディション番組「K―POPスター シーズン2」で準優勝し、YGで長い間、練習生生活を送った。グループは早くから固定ファンを持ち、デビュー前の「カウントダウンライブ」は300万人以上が視聴した。

 「メンバーと練習した時間も思い出され、努力して作り上げた成果を直接目で見て泣きそうになりましたが、後ろを振り返るとヒョンソクが泣いていました」(バン・イェダム)

 「僕も練習生期間を思い出して泣いたような気がします。皆の楽しそうな姿を後ろで見ていると感動しました。その瞬間、涙が出ました」(チェ・ヒョンソク)

 メンバーはデビュー当日の記者懇談会で、「(K―POPの)歴史の1ページを刻むことができる」グループになりたいと抱負を語った。

 デビューシングルのタイトル曲「BOY」は19カ国・地域のiTunes(アイチューンズ、米アップルのコンテンツ配信サービス)のトップソングチャートで1位を記録し、海外でも注目を浴びた。メンバーは、「成績はほとんど予想できなかった」としながら感謝を表した。

 シングルの発売翌日には、日本のラインミュージックの「トップ100」リアルタイムチャートで首位に立った。メンバーのうちヨシ、マシホ、アサヒ、ハルトの4人は日本人であることから、日本市場でも親近感を持たれたものとみられる。

 幼いころからテレビでK―POP歌手を見ながら「こんな歌手になりたい」と考えていたというマシホは、「こうやって韓国でデビューできるとは思わなかったが、よいメンバーとよいチャンスを得てうれしい」と話す。共同リーダーのジフンは「日本人のメンバーが多いので、言葉や文化もたくさん習うことができた」と説明した。

TREASURE(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 YGはBIGBANG(ビッグバン)やBLACKPINK(ブラックピンク)など世界で活躍するグループを生み出してきたが、このような背景が重荷にならなかったかとの質問に、バン・イェダムは「先輩たちが世界への道を一生懸命磨いてくださり、重荷というよりはもっと感謝する」とし、「僕たちも自分たちだけの歴史を刻もうと準備している過程だ」と語った。

 また、練習生時代にBIGBANGのSOL(ソル)が頭をなでながら「ご飯をちゃんと食べろよ」と言ってくれたエピソードを紹介し、「(そのような)一言一言が大きな力になった」と説明。ジフンも「モチベーションになった」と言い添えた。

 TREASUREのメンバー数は、YG所属のグループとしては過去最多だ。「強烈でありながら多くの人々に共感を与えられる」(チェ・ヒョンソク)YGの音楽性に、一糸乱れぬダンスの要素を加えた。

 「『宝石箱』でのサバイバルを通じてファンがたくさん期待してくださり、僕たちも会社もとても悩みました。どうすればもっと多くの人の期待に応えることができ、新しいシナジーとエネルギーをお見せできるかを考えました」(チェ・ヒョンソク)

 メンバーの3分の1は作曲ができるというTREASUREは、今回のシングルを皮切りに年末まで立て続けにシングルを発表する計画だ。「TREASUREのカラーを見つけるために引き続き努力しています」、「着実に一歩ずつ成長していくことが僕たちの願いであり、目標です」と意気込みを示した。

 歌手生活で見つけたいTREASUREだけの「宝石」は何かとの質問には、「ファンの方たちが最大の『TREASURE』です」と口をそろえた。

TREASURE(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。