Go to Contents Go to Navigation

韓国企業のブランド価値 サムスンがトップ=増加率ではカカオ

記事一覧 2020.08.11 20:19

【ソウル聯合ニュース】ブランドコンサルティング大手の米インターブランドが11日発表した韓国企業のブランド価値ランキング「2020ベストコリアブランド」で、サムスン電子のブランド価値が前年比2%増の67兆7903億ウォン(約6兆672億円)と評価され、1位を記録した。

韓国企業のブランド価値ランキングでサムスン電子が67兆7903億ウォンと評価され1位を記録した(インターブランド提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 上位50社のブランドの価値は前年比0.7%増え、総額153兆ウォンだった。上位50社のブランド価値は毎年増加傾向にあるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で成長幅が小さかった。

 2位は現代自動車で、4.8%増の15兆7093億ウォン、3位は起亜自動車で7.2%減の7兆1315億ウォン、4位はネイバーで11.9%増の6兆1694億ウォンだった。

 上位4社のブランドの価値の総額は96兆8006億ウォンで、上位50社の63%を占める。

 5位以下はSKテレコム(3兆4121億ウォン)、サムスン生命(3兆3434億ウォン)、KB国民銀行(3兆251億ウォン)、新韓銀行(2兆9648億ウォン)、LG電子(2兆8093億ウォン)、SKハイニックス(2兆5616億ウォン)と続いた。

 ブランド価値が最も大きく上昇したのはインターネットサービス大手のカカオで、前年比46.6%増の1兆6405億ウォンで19位を記録した。

 上昇率2位は化粧品大手のLG生活健康で23.3%増加した。全体では18位でブランド価値は1兆7388億ウォンだった。3位はゲーム大手のNCソフトで20.7%増加した。全体では22位で1兆1815億ウォンだった。

 今年新たに上位50社に入ったのはハナ銀行(11位)、証券大手の未来アセット大宇(33位)、酒類大手のハイト真露(41位)、スポーツブランドのFILA(フィラ)コリア(46位)の4社だった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。