Go to Contents Go to Navigation

「日本製品不買運動に賛同中」 韓国の消費者4人中3人

記事一覧 2020.08.12 14:09

【ソウル聯合ニュース】日本が韓国に対し輸出規制措置を取ったことをきっかけに韓国で日本製品の不買運動が起きてから約1年、韓国の消費者の75%が今も不買運動に賛同しているとの調査結果が出た。韓国放送広告振興公社が12日、満20~59歳の1000人を対象に7月13~16日に実施した調査の結果を公表した。

2019年10月にソウルで開催された文具・事務用品などの見本市で、あるブースに日本製品ボイコットの表示が立てられている=(聯合ニュース)

 女性の78%と男性の72%が、現在、不買運動に参加していると答えた。年齢別には50代の参加率が最も高く、20代が最も低い。また、未婚者より既婚者のほうが積極的で、職業別にみると専業主婦の参加率が高いことが分かった。

 この先も不買運動に参加する意向があるという回答が全体の70%を占めた。

 不買運動のために購入を断念したことがある日本製品の分野(複数回答)を尋ねると、ファッションアイテム(56%)が最も多く、アルコール類(43%)、日用品(37%)、食品・飲料(36%)、化粧品(34%)などの順だった。代替品として購入した韓国製品としては、ビールや筆記用具、カジュアル衣料、化粧品などの回答が多かった。

 69%の人が、不買運動に参加しても日常生活に不便を感じないと答えた。

 不買運動がどの程度続くかとの設問には、53%が「2年以上」と予想した。

日本による輸出規制措置は日本製品の不買運動、日本への旅行自粛につながった(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。