Go to Contents Go to Navigation

日本に慰安婦被害者への賠償求める決議案発議 韓国与党系議員63人 

記事一覧 2020.08.14 13:45

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」などの国会議員63人は公式記念日の「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」を迎えた14日、日本政府に慰安婦被害者を含む戦争犯罪被害者に対する損害賠償を求める決議案を発議した。

慰安婦被害者が共同生活するソウル近郊の「ナヌムの家」に置かれた彫刻像(資料写真)=(聯合ニュース)

 決議案は、慰安婦被害者による損害賠償請求に対して「ある国の裁判所が他の国を訴訟の当事者として裁判を行うことはできない」とする日本政府の主権免除の論理を批判し、被害者に対する謝罪と賠償を要求した。

 発議には南仁順(ナム・インスン)氏、姜勲植(カン・フンシク)氏、尹美香(ユン・ミヒャン)氏ら共に民主党の議員62人と、革新系野党「開かれた民主党」の崔康旭(チェ・ガンウク)氏が参加した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。