Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部第1次官に崔鍾建・平和企画秘書官 韓日関係で突破口開けるか

記事一覧 2020.08.14 16:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、次官級9人の人事を決め、対日外交などを担当する外交部第1次官に崔鍾建(チェ・ジョンゴン)青瓦台(大統領府)平和企画秘書官(46)を起用した。

韓国外交部第1次官に起用された崔鍾建氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官は崔氏について、「対米外交や北の非核化などで豊富な実務経験を積んだ」として、「国際協力を主導する堂々とした外交という国政課題を滞りなく遂行していくことを期待している」と説明した。

 崔氏は元学者で、2017年の大統領選で当時の文在寅(ムン・ジェイン)候補の陣営で朝鮮半島安保新成長推進団長を務めた。文政権発足後は青瓦台国家安保室の平和軍備統制秘書官に抜てきされ、18年の南北軍事合意を実務的に主導した。昨年3月からは平和企画秘書官を務め、北朝鮮の核問題などを担当した。日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定と終了通告効力の停止などにも深く関与したとされる。

 戦略的な思考と決断力を評価され、文大統領から厚い信頼を受けているとされる。外交部第1次官は韓米関係や韓日関係など2国間外交を統括するポストで、山積している外交課題の解決策を見いだす重責を担う。

 韓日関係を巡っては強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じた大法院(最高裁)判決に基づく韓国内の日本企業資産の現金化手続きが進められており、最悪の状況に備える必要がある。両国の隔たりは依然として大きく、溝を埋める妙案を打ち出せるか注目される。

 外交部関係者は「外交部組織を担当する次官に外部の人物が任命されるのは初めて」と伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。