Go to Contents Go to Navigation

日本からの解放75周年記念式典開催 「包容と調和の未来」強調=韓国

記事一覧 2020.08.15 10:55

【ソウル聯合ニュース】韓国で光復(日本による植民地支配からの解放)から75年となる15日、ソウルの東大門デザインプラザで記念式典が開かれた。今年は互いの違いを尊重し、多様性を認め合う精神を継承する韓国がテーマ。包容と調和により、今後も引き続き国が発展していくというメッセージがこめられている。

記念式典で国歌を歌う文在寅大統領夫妻=15日、ソウル(聯合ニュース)

 式典には独立有功者の遺族、国の要人ら約170人が出席した。新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから例年と比べ小規模な開催となった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、演説で「格差や不平等是正し共に生きる社会こそ真の光復」と強調した。

 351人に独立有功褒賞が与えられ、このうち5人の遺族が会場で表彰状などを受け取った。1942年の日本留学中に、日本の「内鮮一体」政策を批判し、投獄された故キム・ジャモク氏ら3人に建国勲章の愛国章が追敍された。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。