Go to Contents Go to Navigation

現代自「ジェネシス」が高級車市場1位に 4年ぶりにベンツ抜く=韓国

記事一覧 2020.08.17 10:44

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」が、スポーツタイプ多目的車(SUV)モデルの人気を受けて4年ぶりにメルセデス・ベンツを抜き、高級車の国内販売台数1位を記録したことが、17日分かった。

ジェネシス初のSUV「GV80」(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 業界によると、ジェネシスの今年1~7月の韓国での販売台数は6万5台で、ベンツ(4万1583台)とBMW(2万9246台)を大幅に上回った。

 ジェネシスの販売台数は前年同期比65%増加したが、ベンツは3%増にとどまった。BMWは35%増加した。

 この勢いが続けば、ジェネシスは年間販売でもベンツとBMWを上回るとみられる。

 ジェネシスは、ブランド立ち上げ翌年の2016年に6万6278台を売り上げ、ベンツ(5万6343台)とBMW(4万8459台)を下したが、その後の3年間はベンツに首位の座を明け渡し、17年と18年にはBMWにも抜かれた。

 19年には5万6801台が売れ、BMW(4万4191台)を抑えて2位を奪還。フルモデルチェンジした「G90(EQ900)」が1万7542台を売り上げて業績改善をリードし、「G70」も1万6975台が売れた。それでも、毎年販売台数の記録を塗り替えているベンツ(7万8133台)には大きく後れを取った。

メルセデス・ベンツのEクラス(資料写真)=(聯合ニュース)

 形勢が逆転したのは、今年1月にジェネシス初のSUVモデル「GV80」が発売されてからだ。3月末には第3世代の「G80」も出た。

 GV80は7月までに2万16台を売り上げて年間目標(2万4000台)に迫り、G80は2万8993台と前年の年間販売台数(2万2284台)を超えた。両モデルのヒットを追い風に、ジェネシスは今年、16年の年間記録を上回る販売新記録を達成するとみられる。

 ジェネシスは、下半期には若者層をターゲットにした新車を準備している。ブランド2番目となるSUVで、GV80より一回り小さいGV70が発売され、G70のマイナーチェンジモデルも出る。

 ベンツも代表的な人気モデル、Eクラスのマイナーチェンジモデルを発売する予定だ。ただ、メルセデス・ベンツコリアは前社長の退任後、職務代行体制となっており、攻撃的なマーケティングを展開できない可能性もある。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。