Go to Contents Go to Navigation

首都圏での新型コロナ拡大 以前の流行時よりも抑制困難=韓国

記事一覧 2020.08.18 11:01

【ソウル聯合ニュース】韓国でソウル市や近郊の京畿道の教会を中心に新型コロナウイルスの感染者が急増している現状を巡り、防疫当局がかつてない難局に直面したとの指摘が出ている。感染拡大の様相などを踏まえると、2~3月に南東部・大邱市で起きた新興宗教団体「新天地イエス教会」の信者らの集団感染や、5月にインターネット通販大手の物流センターやソウル・梨泰院で発生した集団感染の時に比べ、抑制は難しいと懸念されている。

新型コロナウイルスの検査のため、ソウルの保健所に設けられた診療所を訪れた人々=(聯合ニュース)

 新天地イエス教会での集団感染では大邱市や近隣の慶尚北道の信者が感染者の大半を占め、梨泰院のクラブや物流センターでの集団感染も、防疫当局が感染者をある程度特定することができていた。だが、このところ首都圏ではさまざまな集団で同時多発的に感染者が続出しており、疫学調査は難航しそうだ。

 政府の中央防疫対策本部によると、現在、首都圏を中心に広がっている新型コロナに関する疫学調査は感染者の特定が難しいという難点を抱えている。

 首都圏では無症状、軽症の感染者を中心に、さまざまな場所で「静かな感染拡大」が進んできたため、いつでも、どこでも感染する可能性があると当局は説明する。新天地イエス教会や梨泰院、物流センターのケースでは当局が感染者を限定して追跡調査を行っていたが、今の状況ではこうした手法を使いにくいということだ。

 対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は17日の定例会見で、現在の首都圏の感染流行について「この6カ月間、累積されてきた無症状、軽症の感染者が同時多発的に発生しており、また感染経路の分からないケースが増加しているという面で、よりリスクが高まっている」と説明した。

 感染者を特定できなければ、隔離も不可能だ。疫学調査が進む間も感染は広がることになる。新天地イエス教会での集団感染では、信者らが自主隔離の状態で検査を受けていた。

 発見された集団感染が飲食店や市場など不特定多数の利用する別の場所を介して広がっていることも、疫学調査を難しくする要因の一つになっている。

 当局は防犯カメラやクレジットカード利用履歴による追跡などで感染者の接触者を追っているが、購入記録を探すのが難しい不特定多数の利用施設では、こうした方法で全ての接触者を見つけ出すのは実質的に不可能だ。

 鄭氏は、疫学調査官が感染者の調査をする際には発症2日前から発症後5日間くらいの出かけた先を確認する必要があるため、感染者が急増すれば調査が追い付かなくなる恐れがあるとの認識を示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。