Go to Contents Go to Navigation

在外韓国人577人が新型コロナに感染 死者は23人

記事一覧 2020.08.20 18:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交当局者によると、19日時点で新型コロナウイルスに感染した在外国民は、58カ国・地域で577人確認された。

2020年6月10日の仁川国際空港到着ロビーの様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 地域別では、アジア・太平洋地域が100人、北米・中米・南米が230人、欧州が80人、中東が120人、アフリカが23人などだった。5月初めには24カ国・地域で107人の感染が確認されていた。

 同当局者によると、集計は電話連絡や現地の韓国系団体を通じて取ったものだが、感染した事実を申告しない人も多く、実際の感染者数はさらに多いと考えられるという。

 在外公館に勤務する職員のうち、外交官6人を含む公館職員約50人も感染していることが分かった。

 このうち、外交官2人は在外国民の帰国を支援する過程で感染した。

 また新型コロナに感染して死亡した在外国民は5月時点では7人だったが、23人に増加した。

 一方、韓国からの入国・入域を禁止しているのは5月時点で153カ国・地域だったが、現在は92カ国・地域に減ったという。

 5月時点では11カ国・地域で企業関係者など5081人の例外的な入国・入域が認められたが、18カ国・地域(1万8166人)に増えた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。