Go to Contents Go to Navigation

コロナ防疫活動妨害に最高刑求刑も 韓国政府が強硬対応へ

記事一覧 2020.08.21 15:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官、陳永(チン・ヨン)行政安全部長官、韓相赫(ハン・サンヒョク)放送通信委員長(閣僚級)は21日、政府ソウル庁舎で国民向けの談話を発表し、新型コロナウイルスの防疫活動を故意に妨害する行為に対して強硬な対応を取る方針を表明した。

談話を発表する秋美愛・法務部長官=21日、ソウル(聯合ニュース)

 秋氏は「(韓国は)ここ数カ月に世界最高の防疫模範国という賛辞を受けたが、このところの一部の人の無責任な行動で新型コロナウイルスの流行が第2波の入り口にさしかかっている」と述べ、深刻な状況にもかかわらず当局の防疫活動を妨害し、国の防疫体系を無力化させる行為が頻繁に起こっていると指摘した。

 同氏はこのような行為は国民の生命権を侵害し、国の存立を脅かす重大な犯罪だとした上で「法務部は防疫活動を妨げる一切の行為に対して任意捜査、強制捜査など法が許すあらゆる手段を総動員して厳しく対処する」と述べ、特に悪質な行為については身柄を拘束しての捜査を原則とし、法で定められた最高刑を求刑すると強調した。

 政府がこのような強硬姿勢を取るのは、ソウル市内の教会を中心に新型コロナウイルスの感染者が急速に増加しているにもかかわらず病院を抜け出したり、検査を拒否したり、保健所の職員に抱きついたりするなど非常識な行動をする人が相次いだためだ。

 秋氏は、具体的な防疫活動の妨害行為として▼集合制限命令違反▼虚偽資料の提出など疫学調査の拒否・妨害・回避▼防疫関係者への暴力▼故意に連絡を絶つ・逃走するなどの行為▼組織的な検査拒否や扇動――を挙げ、国民に対して政府の防疫指針に積極的に協力するよう呼び掛けた。

 陳氏は「違法集会や防疫指針違反行為が続けば、防疫指針を守っている善良な多数の国民が被害を被る」とし、「政府は一切の違法行為に対して不寛容の原則を適用し、厳しい措置を取る」と述べた。

 韓氏も「虚偽の情報により正確な防疫情報が国民に伝わらなければ混乱と不安ばかりが増す」とし、「新型コロナウイルス関連のフェイクニュースを迅速に遮断し、厳しく責任を問う」と警告した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。