Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相 開城団地の再開「絶対あきらめない」

北朝鮮 2020.08.21 16:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は21日、同部で北朝鮮・開城工業団地の入居企業でつくる開城工業団地企業協会の会長団と面会し、「必ず団地が再開される道を積極的に見つける」と述べた。

開城工業団地企業協会の会長団と面会する李氏(中央)=21日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は「開城団地事業は経済的な価値を超えて民族が推進する重要な共同事業」として、「(再開の)意志は絶対にあきらめず持ち続ける」と強調。「今は朝米(米朝)関係が優先されているように見えるが、結局は南北の時間が再び訪れるよりほかない」として、「国際社会の同意も賢明に引き出し、経済協力の本格化を準備する」と述べ、南北の「小さな交易」が南北経済協力につながることに期待を示した。

 協会のチョン・ギソプ会長は団地が閉鎖されてから4年半以上が過ぎたことに触れ、「団地の再開なくして南北関係の根本的な発展は難しいと思う」とした上で、「米国の意思通りにしては南北関係の進展と発展はない」と指摘。「必ず必要なことについては米国を積極的に説得したりすべき」と要請した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。