Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子の最新スマホ 1週間で43万台開通=一部カラー品薄

記事一覧 2020.08.23 14:12

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は23日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート20」の韓国内の先行開通台数が40万台を上回ったと発表した。

最も人気の高い「ギャラクシーノート20ウルトラ」のミスティックブロンズ=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同製品は今月14日から先行開通を行い、21日から発売を開始した。

 先行開通期間の14~21日の開通台数は43万2000台だった。前作の「ギャラクシーノート10」に比べ、約10%低い数値となる。ただ、昨年に次世代通信規格「5G」普及のための支援金や違法な補助金などで市場が過熱したことや、今年8月以降首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大していることなどを踏まえれば、順調な滑り出しとの評価だ。

 現在までの販売推移をみると、画面サイズ6.9インチの「ギャラクシーノート20ウルトラ」が7割、6.7インチの「ギャラクシーノート20」が3割を占めている。

 最も人気が高いのは「ギャラクシーノート20ウルトラ」のミスティックブロンズで、品薄状態になっているという。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。