Go to Contents Go to Navigation

韓国防疫当局「コロナのピークこれから」 大流行に警戒

記事一覧 2020.08.23 16:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は23日の記者会見で、国内の1日当たりの新型コロナウイルス感染者が3月7日(483人)以来で最多の397人となったことについて、「まだ(感染拡大は)ピークに達しておらず、しばらくは感染者が増えると予測している」と述べた上で、全国的な大流行が目前に迫った深刻な状況にあるとの認識を示した。 

23日に北東部、春川市の小学校に設置された新型コロナウイルスの専用診療所=(聯合ニュース)

 韓国では首都圏の教会などを中心にした感染が急速に全国に拡大している。政府は「社会的距離の確保」のレベルを最も高い第3段階に引き上げることも視野に防疫に努めている。

 現行の第2段階と違い、第3段階は人々の活動が大幅に制限され、日常生活に大きな不便をもたらす。まず、10人以上の集会や集まりが禁止され、必要不可欠な公共・企業活動のみが許可される。全ての公共施設は運営を休止し、民間ではクラブやインターネットカフェなど感染リスクの高い12業種に加え、カフェや銭湯、結婚式場なども休業しなければならない。学校は登校しての授業が禁止され、休校またはオンライン授業に切り替えることになる。プロ野球、サッカーなどのスポーツ試合も中止となる。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。