Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS 2日連続で音楽配信世界最大手のランキング上位に

記事一覧 2020.08.24 13:08

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループ、BTS(防弾少年団)のデジタルシングル「Dynamite」が、音楽配信の世界最大手「スポティファイ」の22日付「グローバルトップ50」ランキングで2位を記録し、2日連続で上位圏に入った。

21日に開かれたオンライン記者懇談会に出席したBTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 英語の新曲「Dynamite」は、リリースされた21日付の同ランキングで韓国歌手として初めて1位を獲得。国・地域別のランキングでも12カ国・地域で1位になるなどヒットしている。

 米国では、発売初日に達成した自己最高順位の3位を22日もキープした。

 スポティファイなどでの新曲の人気が、米ビルボードや英オフィシャル・チャートなど米英のシングルチャートでの新記録につながるかも注目される。

 オフィシャル・チャートは23日(現地時間)、「Dynamite」が発売から48時間で170万回のストリーミングを記録して今週のシングルチャートの前半集計で1位となり、爆発的なスタートダッシュを見せていると明らかにした。

 この順位が確定すれば、BTSは全英チャート初のシングル1位という快挙を成し遂げることになる。同チャートでのこれまでの最高記録はアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」のタイトル曲「Boy With Luv」の13位だった。

 来週発表される米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」の順位にも関心が集まる。同チャートでの最高順位は2月に発売された4枚目フルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」の4位だった。

 シングルチャートは通常、ファンを越えて広範囲に消費される「ヒット曲」の指標とされる。

「Dynamite」のティーザーイメージ(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 明るく軽快な曲調の「Dynamite」は、これまでのBTSの音楽スタイルと比べてより大衆的なアプローチの曲と評されている。

 近ごろ人気のレトロディスコサウンドに全曲英語詞で、米国のラジオオンエアにもより有利になるとの見方も出ている。

 アルバムと収録曲のストーリー性を重視していた前作までとは異なり、デジタルシングルとしてリリースしたのもより気軽な印象を与える。 

 メンバーのSUGA(シュガ)は21日にオンラインで行われた記者懇談会で、ビルボードなどで目標とする成績はあるかとの質問に対し「よい成績が出ればとてもありがたく光栄だが、今回の新曲は特別な目標がある」とし、「この曲を聞いて多くの方が元気を出し、癒されてほしい」と語った。

「Dynamite」のティーザーイメージ(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。