Go to Contents Go to Navigation

集合制限命令に違反し礼拝強行 教会17カ所を摘発=ソウル市 

記事一覧 2020.08.24 16:59

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は24日、前日に市内の教会3894カ所を対象に集合制限命令が守られているかを点検し、命令に違反して礼拝を行った教会17カ所を摘発したと発表した。

新型コロナウイルスの集団感染が発生した教会=(聯合ニュース)

 ソウル市と25の区が現場点検を行った教会3894カ所は、市内にある教会6989カ所のうち56%にあたる。

 点検の結果、約94%の3663カ所は集合制限命令を守っていた。このうち1121カ所(28.8%)は礼拝を中止し、2542カ所(65.3%)はオンライン礼拝に切り替えていた。

 摘発された17カ所は、20人以上の対面礼拝を行った教会だ。

 ソウル市はこれらの教会がある区と共同で、違反内容を詳細に調査して集合禁止命令などの行政措置を取る方針だ。

 これに先立ち、同市は19日に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、宗教施設に対面での礼拝を禁止する集合制限命令を出した。

 それ以前は正規の礼拝は許可し、それ以外の行事や対面での集会のみを禁止する命令だったが、教会での礼拝によって新型コロナの集団感染が拡大したことを受けて強化した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。