Go to Contents Go to Navigation

結婚式など年末まで延期可能・キャンセル料軽減 業界団体が対策=ソウル市

記事一覧 2020.08.25 16:18

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は25日、新型コロナウイルスの感染拡大により結婚式など冠婚葬祭をキャンセルしたり延期したりするケースが相次いでいることを受け、業界団体と消費者団体が紛争の仲裁案などを話し合ったと明らかにした。

結婚式場の消毒作業を行う関係者=(聯合ニュースTV)

 これに先立ち、政府は16日から「社会的距離の確保」のレベルを第2段階に引き上げ、室内で50人以上が出席する冠婚葬祭の開催を禁止した。

 ソウル市によると、韓国礼式業中央会と韓国消費者団体協議会は懇談会を開いて共存に向けた対策を話し合い、韓国礼式業中央会はこれを加盟企業に勧告することを決めた。

 この対策によると、消費者が式の延期を希望する場合、原則として今年12月31日まで延期が可能になる。また、式をキャンセルする場合は、消費者が支払う違約金(総費用の35%)が40%軽減される。

 ソウル市と韓国消費者団体協議会は、紛争仲裁のための相談センターを「社会的距離の確保」の第2段階が解除されるまでの期間限定で運営することを決めた。

 相談は電話(02-2133-4864、4936)で受け付ける。相談時間は午前10時から午後5時まで。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。