Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領府 新型コロナに夜間も対応=分散・在宅勤務も 

記事一覧 2020.08.25 16:47

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官は25日、新型コロナウイルス感染が再拡大していることを受け、「危機管理センターを中心に24時間対応体制に乗り出したのに続き、夜間も対応することにした」と明らかにした。

閣議を行う文大統領=25日、ソウル(聯合ニュース)

 夜間に発生する新型コロナウイルス関連状況を把握し、防疫対応を迅速に行うことが狙いだ。

 また、「社会的距離の確保」レベルの第2段階措置を全国に拡大したことを踏まえ、首席室と秘書官室が別の空間を設けて分散勤務をするか、在宅勤務を推進する。姜氏は感染者が出ることに備えた対応措置の一環であり、苦肉の策だと説明した。

 姜氏によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「青瓦台が率先して対応することが必要」と指示したという。

 青瓦台は21日から非常対応体制に入り、毎日午前に盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長の主宰で緊急対応会議を開催している。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。