Go to Contents Go to Navigation

韓国国防相「金与正氏が党組織指導部を掌握」 北の挑発には「軍事的措置」

北朝鮮 2020.08.25 17:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は25日の国会国防委員会で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が党組織指導部を掌握しているのかという保守系最大野党「未来統合党」議員の質問に対し、「そう判断している」と答えた。

国防委員会で質疑に答える鄭景斗長官=25日、ソウル(聯合ニュース)

 鄭氏は、正恩氏が党・政府・軍に対する「唯一領導体系」で権力を掌握しているとした上で、側近らに役割や責任を分散させて統治していると説明した。

 与正氏が対米・対韓戦略を総括しているとの分析については「本人がそのように表現しているため、事実だろう」との見方を示した。

 また、与正氏が南北軍事合意を破棄し、局地的な軍事挑発に乗り出す可能性があるとの観測に関しては「特異な動向はみられない」としながら、挑発に対しては相応の軍事的措置も念頭に置いていると明らかにした。

 一方、北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発状況については「東海岸側で持続的に開発していると承知している」とし、「水中に固定する発射体を制作し、発射することまでは行っている」と説明。さまざまな発射試験を実施していると述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。