Go to Contents Go to Navigation

韓国の慰安婦団体 コロナ禍でも活動継続=定例集会はオンライン配信

記事一覧 2020.08.26 14:42

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染拡大が全国で進む中、旧日本軍の慰安婦被害者支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」は26日も慰安婦問題の解決を求める定例の「水曜集会」をソウルの日本大使館前で開いた。集会は記者会見の形で行われた。

日本大使館前で開かれた集会=26日、ソウル(聯合ニュース)

 会見は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、正義連のメンバー6人のみが出席し、動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信された。

 正義連のハン・ギョンヒ事務総長は「コロナによる制約の中でもわれわれにできる記憶と教育のための活動を行っている」と伝えた。

 付近で記者会見を行っていた保守系団体のメンバーが正義連の会見に記者らを含め10人以上が集まっているとして警察関係者に抗議する場面もあった。ソウル市は21日午前0時から31日午前0時まで10人以上が集まる集会を禁止している。

 警察関係者は「10人以下というのは主催団体の参加者数のみが該当する」として、「取材のために来た記者やユーチューバーの数まで制限できない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。