Go to Contents Go to Navigation

台湾・シンガポール コロナ再拡大で韓国からの入国制限を再強化 

記事一覧 2020.08.27 19:57

【ソウル聯合ニュース】韓国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを受け、一部の国や地域で、韓国からの入国者に対する検疫が強化されていることが27日、分かった。

閑散とした台湾桃園国際空港=(聯合ニュース)

 台湾の駐台北韓国代表部などによると、台湾当局は26日、感染リスク「中低」程度の国・地域から韓国を除外した。中低程度の国・地域からのビジネス目的での訪問者は、条件により自主隔離期間が短縮されるが、韓国からの入国者には今後適用されず、2週間自主隔離しなければならない。

 台湾当局は先ごろ、日本で新規感染者数が1日1000人台に増えたことを受け、中低程度の国・地域から日本を除外した。

 またシンガポールは韓国からの入国者について、自宅や滞在地での隔離を認めていたが、29日から措置を強化し、政府指定の施設での隔離に変更した。

 中国は4月末にビジネス客を対象に入国手続きを簡素化する制度(ファストトラック)を韓国に適用したが、韓国からのビジネス目的での訪問に支障が出ており、韓国で感染が再拡大しているためと見る向きもある。

 韓国貿易協会によると、中小企業の関係者が28日にチャーター機で仁川空港から中国・重慶に向かう予定だったが、中国当局が承認を留保しているため、日程変更を余儀なくされた。

 外交部は韓国からの入国・入域を強化する動きは、全般的な傾向ではなく一部の国に限定された措置と把握している。

 韓国からの入国・入域を制限している国や地域は、新型コロナの感染拡大が始まった今年の初めに比べ、大幅に減った。

 韓国からの入国・入域を禁止しているのは5月時点で153カ国・地域だったが、現在は92カ国・地域に減少。また5月時点では企業関係者などの例外的な入国・入域が認められたのは11カ国・地域から18カ国・地域に増えた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。