Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 台風8号の被災現場視察「被害は予想より小さい」

北朝鮮 2020.08.28 08:40

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が台風8号で被災した南西部の黄海南道を訪れ、被害状況を確かめたと伝えた。

党機関紙の労働新聞は28日、金委員長が黄海南道を訪れ、台風8号による被害の状況を確認したと伝えた(同紙ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現場視察の日付は報じられなかったが、台風8号が27日早朝に黄海道に上陸したことから、同日午後に視察した可能性が高い。

 金委員長は被害が予想より小さく幸いだと述べ、危機対応能力の向上により被害を最小限に抑えることができたと評価した。農耕地と農作物の被害に対しては、党中央委員会の各部署を復旧作業に総動員するよう指示した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。