Go to Contents Go to Navigation

韓国当局 きょうから飲食店の営業に関する追加防疫措置を実施

記事一覧 2020.08.30 10:02

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、韓国首都圏のカフェや飲食店の営業に関する追加の防疫措置が30日から始まった。

座席を減らして営業するソウル市内のカフェ(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は16日以降、防疫対策として首都圏に「社会的距離の確保」の第2段階措置を適用しているが、目立った効果がみられないことから追加の措置に踏み切った。

 同措置は9月7日午前0時まで実施される。首都圏のフランチャイズチェーンのカフェについては持ち帰りと出前営業のみ認める。一般飲食店やベーカリーに対しては、昼間の時間帯は通常の店舗営業を認めるが、午後9時から翌日午前5時までは持ち帰り・出前営業のみとする。

 屋内スポーツ施設は運営休止となるほか、感染した場合の致死率が高い高齢者の外部との接触を最低限に抑えるため、療養型病院や介護施設での面会を禁じる。学習塾は31日から来月6日までオンライン授業のみ実施できる。

 政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は前日の会見で、「首都圏での感染拡大の勢いが弱まらなければ、われわれに残されたのは社会的距離確保の第3段階への引き上げという強力な措置しかない」と述べ、国民に協力を呼び掛けた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。