Go to Contents Go to Navigation

週末の映画観客数が減少傾向 コロナ再拡大・防疫強化で=韓国

記事一覧 2020.08.31 10:59

【ソウル聯合ニュース】韓国国内で新型コロナウイルス感染が再拡大し、当局が防疫対策を強化していることから、週末の映画観客数も減少傾向を続けている。

「TENET テネット」(ワーナー・ブラザース提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国映画振興委員会の集計によると、先週末の2日間(29~30日)に映画館を訪れた観客は35万174人で、直前の週末(22~23日)の37万462人に比べ小幅に減少した。3連休だったその前の週末(15~16日)の125万3404人に比べると、3分の1以下に落ち込んだ。

 週末の映画興行(観客動員数)ランキング1位はハリウッド映画の大作「TENET テネット」(8月26日公開)だったが、映画観客の減少で苦戦した。29~30日の観客動員数は26万1936人で、累計観客数は66万191人。

 2位はイ・ジョンジェ、ファン・ジョンミン主演の韓国アクション映画「ただ悪より救いたまえ」(原題、8月5日公開)で、29~30日に3万9276人の観客を集めた。累計観客数は425万115人となっている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。