Go to Contents Go to Navigation

韓国政府庁舎に水素ステーション 国会に続き設置

記事一覧 2020.08.31 16:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は31日、韓国ガス公社、現代自動車など11社が参加する特殊目的法人、水素エネルギーネットワーク(HyNet)が、中部の行政都市・世宗市の政府庁舎で水素ステーションの完工式を開催したと発表した。

政府庁舎内に設けられた水素ステーション(産業通商資源部)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 水素で走る燃料電池車(FCV)に水素を補給する水素ステーションが政府庁舎内に設置されたのは今回が初めて。国の主要施設としては国会に続いて2例目となる。

 産業通商資源部の関係者は「政府の水素社会への転換の意志を象徴するものだ」とし、「水素の安全性に対する国民の懸念を解消し、ステーションに対する認識転換のきっかけになることを期待する」と述べた。

 現在全国で運営中の水素ステーションは研究用の8カ所を含めて計45カ所あり、政府は2022年までに計310カ所に拡大する計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。