Go to Contents Go to Navigation

韓国外相 米中対立に懸念=多国間主義を強調

記事一覧 2020.08.31 21:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は31日、国立外交院主催の国際会議で演説し、激しさを増す米中の対立に懸念を示し、多国間主義の必要性を強調した。

康長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 康氏は超大国間の関係悪化が国際体制を不安定にしていると指摘した上で、「韓国のアプローチは多国間主義を強化し、平和と共同繁栄以外に目標を置かず、協力を拡大すること」と説明した。

 また、北朝鮮問題を巡り、「北の完全な非核化は朝鮮半島平和プロセスの欠かすことのできない部分」と話した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。