Go to Contents Go to Navigation

21年度予算案2540億円 対米・対中を増額=韓国外交部

記事一覧 2020.09.01 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は1日、2021年度(1~12月)予算案として2兆8432億ウォン(約2540億円)を編成し、国会に提出する方針を明らかにした。20年度比で3.6%の増額。

韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部は2国間・多国間協力を強化するとともに、対米・対中協力を発展させることに重点を置いた。米国など北米諸国との戦略的特別協力関係の強化に充てる予算を46億ウォンから57億ウォンに増額。中国など北東アジア諸国との交流・協力強化には4億ウォン増の31億ウォンを計上した。「新南方政策」の推進のため、東南アジア諸国連合(ASEAN)や東南アジアとの交流・協力強化にも2倍以上増額した37億ウォンを編成した。

 また、グリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会談の関連予算に159億ウォン、国連平和維持活動に関する閣僚級会議関連予算に34億ウォンを計上した。

 政府開発援助(ODA)予算は20年度比4.9%増の9630億ウォン、国際分担金は6.2%増の5387億ウォンとした。

 在外公館約180カ所の会計・業務支援システムのデジタル化には100億ウォンを編成した。

 一方、国際交流基金は679億ウォンから650億ウォンに減額した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。