Go to Contents Go to Navigation

韓国の在外公館が3日から訪問予約制に コロナ対策

記事一覧 2020.09.01 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は1日、新型コロナウイルス対策として、世界各国に置く在外公館で3日から訪問予約サービスを始めると発表した。予約制にすることで、公館内の混雑を緩和して在外国民の感染リスクを下げると同時に、迅速な窓口サービスを提供できると見込む。

康京和外交部長官(左上)が7月9日、在韓公館トップとテレビ会議を行い、海外各地の新型コロナウイルス感染状況や在外公館の対応、政策の方向性などを話し合った(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 訪問希望者は、在外国民向けに領事サービスを提供している「領事民願24」のホームページ(http://consul.mofa.go.kr)で、日時や利用したい窓口業務の種類などを入力して予約する。訪問時には身分証明書や予約受付証、必要書類などを持参する。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。