Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の8月販売 国内が6カ月ぶり減少

記事一覧 2020.09.01 19:06

【ソウル聯合ニュース】現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社が1日発表した8月の世界販売台数は59万885台で、前年同月比12.8%減少した。新型コロナウイルスの感染再拡大による需要減や夏季休暇による操業日数減少などが影響した。

現代の大型セダン「グレンジャー」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 5社の国内販売は5.6%減の11万1847台、海外販売は14.3%減の47万9038台だった。

 3月から増加が続いていた国内販売は消費税引き下げなどの効果が薄れた影響などにより、6カ月ぶりの減少となった。国内販売は2月に前年同月比21.7%減少してから、3月に9.2%、4月に6.5%、5月に9.3%、6月に41.2%、7月に10.1%、それぞれ増加していたが、6カ月ぶりの減少となった。

 メーカー別では現代の世界販売台数が31万2990台で、前年同月比14.2%減少した。国内は3.2%増の5万4590台、海外は17.1%減の25万8400台だった。

 8月の国内販売が前年同月比で増加したのは、現代だけだった。ただ現代も減税の効果が薄れた影響で、前月比では29.5%減少した。

 国内で同社の大型セダン「グレンジャー」が1万235台を記録。国内で最も多く売れた乗用車モデルの座を10カ月連続で守った。今年の累計販売台数は10万台を突破し、10万2220台となった。

 起亜は国内が11.3%減の3万8463台、海外が3.7%減の17万8482台だった。

 韓国GMは国内が8.0%減の5898台、海外が20.7%増の2万1849台だった。

 ルノーサムスンは国内が21.5%減の6104台、海外が71.9%減の1466台で、全体では41.7%減の7570台だった。

 双竜の8月の世界販売台数は19.9%減の8027台だった。国内は15.5%減の6792台、海外は37.5%減の1235台だった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。