Go to Contents Go to Navigation

韓国の文化コンテンツ 9カ月連続黒字=K―POPなど後押し 

記事一覧 2020.09.02 08:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の7人組グループ・BTS(防弾少年団)の新曲「Dynamite」が1日、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で1位を獲得するなど韓流が勢いを増す中、韓国の文化コンテンツ関連の貿易収支も黒字を続けている。

BTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国銀行(中央銀行)によると、6月の音響・映像と関連サービスの収支は1840万ドル(約19億4870万円)の黒字だった。昨年10月から9カ月連続の黒字となる。

 音響・映像と関連サービスの収支は、海外に音源や映画、テレビ番組などを販売して得た収益から海外に支払った額を差し引いたもの。過去に韓国はこの収支で赤字か、小幅な黒字を維持したが、2014年10月以降は59カ月連続で黒字となった。昨年9月には収支がプラスマイナスゼロとなり、約5年ぶりに黒字がストップしたが、1カ月後の同年10月に再び黒字に転じた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。