Go to Contents Go to Navigation

ソウル国連人権事務所 北朝鮮に失踪316件の情報提供要請

記事一覧 2020.09.02 12:00

【ソウル聯合ニュース】ソウル国連人権事務所が「強制失踪の被害者のための国際デー」に合わせ、北朝鮮による拉致などで「失踪したすべての人を記憶したい」として、ツイッターで北朝鮮当局に情報提供を求めた。

ソウル国連人権事務所のツイッターより=(聯合ニュース)

 同事務所は1969年に大韓航空機が北朝鮮工作員によりハイジャックされて失踪した11人と70~80年代に拉致された日本人12人、政治犯収容所に送られた人に言及。「国連強制失踪作業部会(WGEID)は北朝鮮に316件の事例を伝え、生死と位置情報の提供を要請してきた」として、「北朝鮮はすべての失踪者の生死を明らかにしなければならない」と強調した。

 同事務所は2015年、北朝鮮の人権状況を監視する国連の拠点の役割を担うため、ソウルに設置された。主な業務は北朝鮮内の人権侵害の実態調査や責任者の処罰のための証拠保存など。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。