Go to Contents Go to Navigation

韓国型戦闘機の試作機 来年前半に公開へ=最終組み立て開始

記事一覧 2020.09.03 11:29

【ソウル聯合ニュース】領空を守る韓国型戦闘機(KFX)の試作機1号機が、最終組み立てを経て来年前半に公開される見通しだ。

韓国航空宇宙産業がKFX試作機の最終組み立てに入った(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 防衛事業庁は3日、航空機メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)がKFX試作機の主翼や胴体の最終組み立てに入ったことを明らかにした。

 KFX試作機は2015年12月に本格的に開発が始まった。主な構成部品のうち、「戦闘機の目」に当たるアクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーは韓国の技術で開発され、試作品が先月出庫されていた。

 来年前半のKFX試作機の公開後、軍は約5年間の地上テストや飛行テストを経て26年までに開発を完了させる計画だ。

 KAIの安ヒョン鎬(アン・ヒョンホ)社長は「KFX事業を通じて自主国防力を強化し、国内の航空産業を発展させたい」と話している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。