Go to Contents Go to Navigation

7月のネット通販取引額が過去最高 コロナや梅雨影響=韓国

記事一覧 2020.09.03 15:52

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が3日発表した「オンラインショッピング動向」によると、7月のインターネット通販の取引額は前年同月比15.8%増の12兆9625億ウォン(約1兆1600億円)となった。新型コロナウイルス感染症や梅雨などの影響で、2001年に統計を取り始めて以降で最高を記録した。

ネット出前の取引額が大きく伸びた(資料写真)=(聯合ニュース)

 小売販売額にネット通販の取引額が占める割合は26.6%と、前年同月に比べ5.2ポイント上昇した。新型コロナの感染拡大以降、継続して25%を上回っている。

 ネット通販取引額を商品群ごとにみると、食品や生活関連商品の伸びが特に目立つ。

 食品は2兆608億ウォンで前年同月比51.8%増、日用品や家具、自動車・カー用品などの生活関連商品は1兆8588億ウォンで47.7%増だった。

 サービスの取引額は2兆6503億ウォンで11.4%減少したが、分野ごとに偏りが大きかった。出前の利用が伸び、飲食サービス(1兆3780億ウォン)は66.3%急増した一方、新型コロナによる防疫対策の強化や外出自粛が影響して旅行・交通サービス(7779億ウォン)は51.6%減、文化・レジャーサービス(630億ウォン)も67.8%減と大きく落ち込んだ。

 一方、ネット通販取引額のうちスマートフォン(スマホ)などモバイル機器を利用した取引額は8兆7833億ウォンで、全体の67.8%を占めた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。