Go to Contents Go to Navigation

韓国との対話閉ざす北朝鮮 「来年の方が良いと判断」=前在韓米軍司令官

記事一覧 2020.09.03 16:23

【ソウル聯合ニュース】ブルックス前在韓米軍司令官は3日、テレビ会議形式で開催されたソウル安保対話(SDD)にパネリストとして出席し、南北関係について「北朝鮮は韓国の大統領選(2022年3月)を控えた来年の方が韓国政府を相手にするのに良い時期だとみて、今は対話のドアを閉ざしている」と指摘した。

テレビ会議形式で開催されたソウル安保対話(国防部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ブルックス氏は「来年になれば(対北朝鮮政策の)成果が必要になるという韓国政府の立場を、北朝鮮は承知している」と説明。韓国は北朝鮮に対話の呼び掛けを続けるだろうが、北朝鮮は自らに有利な時期になるまで回答しないか、否定的な回答をするだろうと分析した。

 また、「北朝鮮は11月に大統領選を控えた米国との対話のドアは少し開けている」と述べ、米国政府との関係は選挙後に設定すると見込んだ。北朝鮮が米国、韓国の大統領選の時期を考慮し、来年に本格的に動くと予測したことになる。

 ブルックス氏は「圧力がなければ北朝鮮は変わらない」と述べ、外交的圧力(制裁)と包容を同時に追求してこそ、北朝鮮を正しい方向に導くことができるとも強調した。

 これに対し、ロシアと中国のパネリストは「圧力と制裁で北朝鮮の核問題は解決できない」(ロシア外交アカデミー教授)などとし、北朝鮮に対する米国の包容が重要だと指摘した。

 ソウル安保対話はこの日、3日間の日程を終えて閉幕した。ソウル安保対話は、朝鮮半島の平和とアジア・太平洋地域の安保協力を話し合う場として国防部が12年から開催してきた国防次官級の多国間会議だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。